2014年10月17日

雑誌に掲載されました。

日本カメラ8月号 中古カメラ特集2014 「 なぜかいま沸騰する銀塩熱 」この記事の中に中判カメラのプラウベルマキナ670の簡単な紹介と中古相場価格が書かれております。マキナのメンテナンスと言えば有名な東京のマキナサービスさんが有名ですが体調を崩されてお辞めになられましたので、その後、マキナユーザー様にはご心配をお掛けしましたが当社、ケイズカメラリペアが引き続き頑張ってメンテナンスをやっておりますが。残念ながらマキナサービス様のように有名じゃないので知られておりませんが今回の豆記事では有りますが反響が有り驚いているしだいです。
s-DSC01354.jpg
posted by ドクターK at 23:10| Comment(0) | ドクターkの修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

マキナ67シリーズのファインダーに関しまして。

長らく更新が出来てなく申し訳ありませんでした。
新しい朗報が有りますので報告致します。今まで修理が出来なくてご迷惑をお掛けしておりましたファインダー関係の修理が可能になりました。ファインダー内のプリズムの張り合わせ部分が経年劣化で曇って見にくくなつているとか、内部の小プリズムの剥離のため距離計が完全に見えなくなってしまったと言う故障に対応する修理が可能になりましたので、ご報告致します。s-004.jpgs-005.jpgs-DSCN7875.jpgs-006.jpg

posted by ドクターK at 13:24| Comment(0) | ドクターkの修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。