2018年09月04日

PLAUBEL makina 67 フロントガラス破損処理。

衝撃によりフロントガラスが割れて交換を致します。
このフロントガラスは前カバーの方に強力接着剤で取付られておりますので
割れた破損ガラスとか接着剤を綺麗に取り外して下処理をおこないます。
新しいガラスを取付ける場合、接着剤を隙間なく塗布して接着をする事が重要です。
DSC04341.JPG
DSC04343.JPG
DSC04344.JPG

マキナのファインダーに多いフロントガラス奥に見える対物レンズの周辺部が白く抜ける現象
ですが、これは経年劣化の為、対物レンズの周辺に乱反射防止の塗料が剝がれて見える症状です。
清掃だけでは見た目も悪いので当社では、この対物レンズを取り外して塗装の塗り直しをして
美しく仕上げております。
DSC04345.JPG
DSC04349.JPG

全ての処理を終えて美しく仕上がった状態です。
DSC04347.JPG







posted by ドクターK at 16:59| Comment(0) | ドクターkの修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。