2018年10月15日

makina67の露出計不良。耐久関係処理の、その1

マキナ67の初期タイプ(S/Nレンズ番号50xxxx)初期タイプの一部に露出計関係の
コード、タスキから回されてくる電源コード、その他、シャッター/絞りリングからの
コード、計6本がタスキの狭いスペースを通してファインダーUT上の露出計アンプ迄
導いております。このコード類の処理が旧タイプのボディの設計ミスの為、タスキの出し入れ
時に常に6本のコードに負荷が掛かりコードの断線で露出計点灯不良の故障になります。

伸縮チューブの一ヶ所が押されて凹んでいる部分が常に負荷が掛かっている部分です。
DSC04404.JPG
DSC04405.JPG

今回、3本のコードが断線しておりましたのでコードの交換をおこないました。当社では
今後の耐久関係の処理と致しましてタスキからのコードに余裕を持たすべくボディの一部
をカットするとかファインダーユニットのコードが触れる部分のカットをおこないコードの
断線を防ぐ対策処理をおこなっております。オーバーホール処理で入荷分は全数対策処理を
おこなっております。
DSC04407.JPG

露出計の故障の比率ですが、このコード断線での故障が約5割、その他、測光スイッチ破損
で点灯不良が約4割程有ります。他は残り1割がアンプの基板断線とか、IC基板不良等が
最近の傾向です。67には2種類のIC基板が有りますが共に部品が払底しておりますので
このIC不良の場合は残念なが修理を受けても修理が出来ない場合も有ります。幸いにも
マキナの電子基板UTは丈夫ですので電子基板UTの不良以外の故障が多いので露出計故障
の9割以上が無事、修理が出来て返納させてもらっている状態です。
DSC04408.JPG
DSC04409.JPG



2018年09月18日

ライカM3(初期タイプ)距離計不良品。

60年も前のカメラですが手入れを施せば、まだまだ一線で活躍出来る
丈夫なカメラです。今回は距離計が薄くなって合致確認が出来ない状態です。
これは距離計内部のプリズムの貼合わせ部の蒸着部分の劣化(経年劣化)に
よる故障です。やはりライカでも60年も経つと、仕方のない事だと思います。
最近のカメラは販売終了から約10年でメーカーの製造責任が終了して修理が
出来なくなる事を思えば60年ですよ。部品も丈夫ですので手入れさえしていれば
100年でも使用が可能です。流石ライカですね。今回は劣化部分を取り外して
蒸着作業を致します。
DSC04369.JPG
DSC04371.JPGDSC04377.JPG
DSC04379.JPG
DSC04381.JPG
posted by ドクターK at 21:08| Comment(0) | ライカM3ファインダー蒸着処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

PLAUBEL makina 67シリーズのベローズ(蛇腹)交換。

makina67シリーズのベローズ(蛇腹)は製造後約30年以上経過しておりますので
当社に入荷する修理品の大半は劣化が進んで状態です。製造当初は試行錯誤状態だったのか
3種類の蛇腹が使用されておりました。この3種類の蛇腹の中の1ッはビニールコートの蛇腹
が有りますが見た目は綺麗状態ですが100%ピンホールが開いていて光線漏れ状態の蛇腹も
有りますのでご注意下さい。当社ではオーバーホール処理を希望される場合は、この蛇腹の交換
を、お勧めしております。オーバーホール処理の場合は全ての部品の取り外しを致しますので
作業工程途中で蛇腹交換が可能ですので特別設定料金で交換が可能です。
オーバーホール料金プラス蛇腹交換料金1万円(税別)で可能です。  後日、蛇腹交換を希望
されると写真で見てもらえれば分かると思いますが再度、部品を全て取り外しますので巻上げセット/
シャッターセット/距離計調整/ピント精度等の再調整が必要な為、たとえ蛇腹交換限定修理でも
高額修理になります。
DSC04350.JPG
DSC04351.JPG
DSC04352.JPG
posted by ドクターK at 11:49| Comment(2) | マキナの蛇腹交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする